車の塗装はどのような工程で行うのか

「自分好みのカラー、デザイン車に乗りたい」という希望を持つ人は少なくありません。いわゆる「オリジナルカラー」と呼ばれる配色で納得できているならば何も問題はありませんが、オリジナルカラーでは十分に満足できない場合、またはさらに満足できるカラーを求めたい場合などは「塗装」という選択肢があります。通常、この作業は専門業者に依頼するのですが、その場合は1台分で30万円以上の費用が必要になることが少なくありません。とは言え、改めて気に入ったカラーのものを購入することに比べれば負担は少なく済むので、希望するカラーがある場合は積極的に利用しても良いでしょう。ただし、選択肢は必ずしも専門業者のみではなくDIYもあることを踏まえ、さまざまな基準を考慮して判断しましょう。

基本的な作業工程とポイントについて

車を塗装する際の工程については、基本的には共通しています。ただ、実際に行う際の方法によってまったく別の工程で進めることになる可能性もあります。そこで、ごく一般的な流れについて紹介します。まずは「それまでの塗面を剥離」することから始めます。塗面を重ねる方法も可能ですが、その場合は塗面の強度が低くなってしまいやすく耐久性に欠ける恐れがあるので注意が必要です。塗面を剥離する方法は、「やすりで削り取る」「剥離剤を使う」などの選択肢があります。塗面が剥離できたら、次に「下地材」を塗布します。しっかりと下地を作り上げることは仕上がりを左右することにもなり兼ねません。下地をしっかりと作り上げた後は、本格的に色を乗せていくことになり、最終的にクリアカラーを塗布して仕上がります。

DIYで行う場合の注意点と判断基準

車の塗装は、専門業者に依頼した場合は数十万円の費用が必要になりますが、自分自身(DIY)で行えば十数万円ほどで済ませられる可能性が高くなります。もっとも、DIYで行う場合も工法やデザインなどによっては専門業者に依頼したときと大差ない金額が必要になる可能性もあります。DIYで行う場合のポイントは、下地作りをしっかりと行うことです。塗面を剥離した後に下地剤を塗布するまでの足付け、下地材の塗り方、量をしっかりと意識し、最終的にカラーを載せるまで細かく作業を分けて行っていくことが大切です。しっかりとした環境があれば仕上がりが良くなりやすく、時間を掛けられる環境ならば尚更仕上がりが良くなりやすい可能性があります。ただ、その分コストは増していくので、DIYが良いのか業者依頼が良いのかをよく考えるようにしましょう。

東京・埼玉・神奈川にお住まいで、修理代金30000円以上のお客様なら車の引き取り・納車が無料。 当社の強みとは、車のすり傷バンバーやボディの凹みやキズなどの修理板金塗装などを低価格で行っている事です。 車の修理って高い!いままで常識を覆す、安心の均一料金体系。 当社は車の傷やへこみを修理する専門業者であり、対象エリアは東京都・埼玉県・神奈川県に対応しております。 車の塗装を頼むなら池内自動車へ